お問い合わせ

 

 TEL:049-253-2344

 
  火曜日~土曜日(祝日除く)
  受付時間:15:00~21:30

小・中学生の個別教材について

「わかる」と「できる」は違います!!

 

授業で解説を聴き、先生と一緒に解いていると、「わかった」…となります。
でも、それはまだ「できる」…ということではありません。
かなりの生徒たちは、そこで安心して、その後の練習を疎かにします。
試験での過ちの大半は、その「練習不足」が原因なのです。
学業における練習は何といっても問題を解くことですが、
その問題に落し穴があるのです。

 

 

  

 

問題点①

【個人個人に合わせた問題ではないケースが多い】
 スポーツの世界でも、「ただもう根性で特訓」は、もはや過去のものです。
選手一人一人の体格、能力、目標に応じた合理的なメニューが必要です。
少し古いですが、シドニーオリンピックでの高橋尚子選手の金メダル獲得の折、小出監督の存在が

あれだけ注目されたのも、「トレーニングメニュー」の重要性を物語ります。

 

 ところが、学習の世界では、みんなが同じ問題集をやり、宿題ともなれば、到達度など関係なく、

わかりきった練習不要の問題や、手も足も出ないような無意味な難問に取り組まされることも多くあります。
これでは効果が上がるどころか、勉強が嫌になってしまうばかりです。

 

問題点②

【問題集を活かしきれていません】

問題集には、広範囲な学力レベルの生徒をカバーする、多様な問題が収められています。

ところが、問題を練習中に、
「つまずいたので、次にこの問題で補強しよう」
「この問題はもう大丈夫。少し飛ばして次に進もう」
などの判断は生徒自身には不可能です。これでは宝の持ち腐れです。
さらに、間違えた場合、適切な補強問題を探すのが難しいため「同じ問題をもう一度」となりがちですが、

それでは答えを覚えてしまっていたり、反復が退屈でいい加減に流してしまっていたり、
効果が無いことがほとんどです。

 

こんな経験ありませんか?

 

・勉強してもあまり効果が上がらない・・・
・テストではいつもケアレスミスがある・・・
・何度も同じ間違いをする・・・

 

 そんなタイプの子は、勉強に向いていないのでしょうか?
そんなことはありません!!
生徒達の多くは、運動やゲームなどは、うまく出来るように

なるまでに、努力して何度も繰り返し練習するのに、勉強は

一度そこを解けてしまうと、自分は理解できたと安心して、

スムーズに解けるようになるまで、何度も練習をしようとは

しないですよね?
たとえば自転車です。
運転方法自体は簡単なもので、すぐに理解できます。
でも、実際に乗りこなすにはたっぷり練習が必要です。

もちろん同じ問題を何度も解く練習では、あまり効果的では

ありません。類似問題でも、英語は単語が変わり、

数学は数字が変われば、しっかり考え方が定着していないと、

すぐにわからなくなったり、ミスを繰り返したりします。

 

ではどうしたらいいのか・・・

 

塾に、繰り返しのトレーニングができる教材があり、
それを講師が課題として、自分だけのために渡してくれたら、
きちんとできると思いませんか?

 

そこで、V-トレ個別トレーニングです。

 

V-トレ個別トレーニングとは

V-トレ個別トレーニングシステムは、これまでに指摘してきた問題点を解決できるよう、塾のパソコンの中に、

小中各教科の問題が十数万ページ分あります。
あらゆるレベルの生徒に対応できるようになっています。
もちろん IVY個別指導学院は塾ですから、この教材は

生徒が自分で選んだり、プリントしたりしなければいけない

ような教材ではありません。


IVY個別指導学院は担任制なので、担当している

生徒の理解度や到達度を講師が正確に把握し、

その状況に応じて最適な「次の問題」を、

生徒の担任である講師が選ぶことができます。

 


いわゆる、生徒にとっては、自分のためだけの問題を、自分の担当の先生が選んでくれて、

その教材を使って勉強が出来る…ということです。この教材は、宿題にも使用していきますので、
「家で何をしていいのかわからない」・・・
「復習といっても、家でどうやったらいいのかわからない」・・・
というようなことにはなりません。
生徒にとっては、学習に無駄がないのです。
ですから、ご家庭ではなかなか集中できないというお子様も、目の前に教材があって、
それが自分に合わせた内容の教材であれば、いつの間にか熱心に取り組むことが出来ます。