お問い合わせ

 

TEL:049-253-2344

 
  火曜日~土曜日(祝日除く)
  受付時間:15:00~21:30

マンモスのYUKA

先日、39千年の時を超えて日本にやってきた

マンモスの「YUKA」に会ってきました。

シベリアの永久凍土から発掘された3万9千年前のマンモス・・・

考えるだけで気の遠くなるような時間ですが、
そのマンモスは永久凍土という天然の冷凍庫に埋もれていたため、
本来化石になってしまうはずの身体が、
ほとんど残っている状態でした。
発見された地名の「ユカギル」にちなんで「YUKA」と名づけられたようです。

 

マンモスといえば、同年代の方ならご存知かと思いますが、
子供の頃に見たアニメの「はじめ人間ギャートルズ」・・・(笑)
あの中にいつも登場してくる巨大なマンモスを想像していた私にとっては、
YUKAは非常に小さく(小さいといっても大きな熊ぐらいはありますが・・・)、
イメージしていたマンモスとは、ずいぶん違っていました。
もちろんYUKAが子供のマンモスだということなのですが、
どうにもギャートルズのイメージがぬぐいきれない私は(笑)、
マンモス=巨大な象・・・としか思えず、YUKAを見ても、
マンモスとして見るよりも、小象としてしか見えず、
かえって、深い眠りから発掘されて、更にはあのような場所に展示され、
狭い冷凍庫に入れられている・・・
すごくかわいそうな小象としか見られませんでした。
もちろん科学にとっては重要なものなのかもしれませんが、
できれば必要な細胞などの採取が終わったら、
眠っていた地に戻って、土に返してあげて欲しいと心から願います。
その近くには、親のマンモスもいるのでしょうから・・・

 

せっかくのマンモスの展示なのに、暗い感想になってしまいましたが、
その展示会の一角には、ギャートルズのコーナーもあって、
そこはすごく懐かしい想いで見ることができました。
マンモスの展示がかわいそうといいながらも、
そのアニメに出てきていた、脂のしたたるマンモスの輪切りステーキには、
子供の頃は憧れていたものです。(笑)
あとその中で出てくる原始的なお酒にも憧れましたね~
大人になったら飲みたい・・・なんて思いながらも、
実際にはアルコールが好きではない大人になってしまったので、
年に1~2回位しか、お酒類は飲まないのですが・・・(笑)

 

話が横道にそれましたが、夏休み最後の週末ということもあり、
展示会には親子連れも多く、私のような変な先入観を持っていない子供達は(笑)、
自分の子供も含めて、初めて見るマンモスを、
みんな興味深く見ていました。
それ以外にも、象やサイの骨格なども展示されていて、
なかなかおもしろい展示会でした。

 

その後は、その会場の近くにあるカップヌードルミュージアムに行って、
オリジナルカップヌードルを作ってきました。
カップヌードルの器に自分で絵を描けるのですが、
私は想い出に残るようにと、そこにマンモスの「YUKA」を描きました。
ところが、あいにくと私には絵心というものが無く、
その描いた絵を見た子供が横で、「何それ?ぞうりむし?」と、
悪気も無く普通に質問をしてきました。(悲)
間違いなく私の画力は、
ギャートルズを見ていた小さい頃と変わっていないんですよね。(笑)
ならば、マンモスのイメージに、今もギャートルズのイメージが強いのも、
仕方ないのかもしれませんね。(笑)

 

さて、9月も始まりそろそろ秋の気配が訪れてくるのでしょうか。
なかなか暑さは弱まってくれませんが・・・
私立の中学・高校では、説明会がいよいよ本格化してきます。
志望校を絞ってから説明会に行く・・・というのは、
せっかく色々な学校を見られるチャンスをつぶすようなものです。
様々な学校に行くことで、自分にとって何が一番大切なものなのかにも
気付けますから、時間が許す限り学校の説明会には参加してください。
自分が考えていなかった学校にお友達が行くなら、
それに付き合うのもいいと思います。
これからはお出かけしやすい気候になりますからね。