お問い合わせ

 

TEL:049-253-2344

 
  火曜日~土曜日(祝日除く)
  受付時間:15:00~21:30

桜・・・

先週東京の桜が満開になりました。

その割には、急に肌寒くなってきましたけど・・・

それでもこの寒さは、桜が散るのを遅らせるのには、最適なようです。

確かに桜の美しさは、咲いている期間が短い儚さと、

散り際の桜吹雪の美しさが、かなりの要素だと思いますが、

それでも、いつまでも咲いていて欲しいと願うのは、私だけではないと思います。

そう考えると、少しでも満開のときが続くのであれば、

この寒さも、歓迎したくなりますね。

私は毎年、志木市役所のそばの土手に、子供と一緒に桜を見に行っています。

私の年齢になると、一年という時間では、あまり変化はありませんが(笑)、

子供たちの年齢ですと、毎年成長の証がわかります。

桜を見に行くと毎年想う事は、来年もまた桜を見られますように・・・

そして、その時の子供の成長を見られますように・・・です。

去年の桜は、病気で入院していた父を、

病院に外出許可をとって一緒に見に行きました。

父にとっては、それが最後の桜になりましたが、

その時に父は、病気の父を守って歩く孫たちを見て、

その成長と思いやりの心にすごく喜び、そういう子供たちを育てた私のことに、

自分の育て方が間違っていなかったと、安心してくれたようでした。

桜は、わずかな時を彩る花なので、その時期の喜びや悲しみが、

一緒に思い出される、ある種のモニュメントのようなものだと思います。

私にとっては、しばらくは父との想い出を思い起こさせるモニュメントとなりそうです。